フェイシャル Tゾーン・顔まわり ニキビ対策

フェイシャル・Tゾーン・顔まわり│ニキビ対策

Tゾーン

Tゾーンにできるニキビに関しては、その部分だけ特にテカりやすかったり毛穴がつまりやすいようになっている人に多くニキビが出来る傾向があります。

 

もしTゾーンのニキビが特に気になる人は、その部分だけしっかり洗顔を心掛けてスクラブを使用するなどスペシャルケアを加えるようにしましょう。

 

スキンケアは特に大事ですので、肌の様子を見ながら触りすぎて刺激を与えすぎないようにしつつもしっかりとした対処が必要です。

 

顔まわりに関してはさまざまな原因が考えられますが、清潔にしているかなどがポイントです。特に顔まわりに髪がかかってしまっていないか、よく肘をついたりして顔を触ったりすることのないかどうかなどをしっかりチェックしてください。

 

口まわりのニキビは要注意のサイン

また、口のまわりにできるニキビに関しては健康に要注意のサインでもあります。胃腸が弱っていたりあれていたりする場合によくできる二キビですので、もし心当たりがある場合はしっかり身体を休ませて、お腹に優しい食べ物を摂るようにしましょう。

 

ストレスなどによっても口まわりにはニキビができやすいですので、そういった場合はできるだけリラックスできるようにも心掛けると良いでしょう。

 

お酒を沢山飲む人は暴飲暴食を避けてタバコなども控えるようにするとそれだけでも随分とニキビ予防になります。

 

こうした部分的なニキビに関しては、しっかりそれぞれに適切な対処を施す必要があります。それぞれの原因を探しだしきちんとした処置を施しましょう。


「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」のケアの違い

ニキビの問題に関しては、顔のニキビに悩んでいる人が多いのではないかとおもいます。

 

もちろん他のパーツでも程度によっては深刻ですが、顔は一番目立ってしまうという理由でもしっかりケアしておきたい場所です。

 

思春期のころであれば、学校にいても体育の授業や部活のあとなどにしっかり洗顔を心掛けましょう。ホルモンバランスの不安定な時期だからこそ、汗や汚れを放っておくことはよくありません。

 

社会人であれば化粧をしていたりもしますしなかなかマメに洗顔をするのは難しいかもしれませんが、忙しい日々だからこそ規則正しい生活を心掛ければ、それだけでニキビ対策になります。

 

また顔のニキビに関して言えば、若ければ洗顔を心掛け、大人ニキビの場合は保湿を心掛けると良い傾向があります。

 

もちろんその人それぞれの体質などによって違いますが、若いときはできるだけ油ものや甘いものを控えると良い傾向がありますし、大人になれば適度な油分と睡眠などといったように、自分の年齢や肌質に合わせて内側からもニキビを予防出来るように工夫しましょう。

 

全体的な乾燥にはパックを使用したり部分的なテカリにはスクラブを使ったりとそれぞれプラスアルファの対策が必要な場合もあります。

 

顔は特にデリケートなパーツが多い部分ですから、顔につける薬用クリームなどを選ぶ場合は慎重に行う必要があります。沢山のニキビ薬が市販されていますが、きちんと自分のニキビの状態に適しているのか、自分の肌にあっているものなのかを考えながら使っていく必要があります。