ニキビの原因は複雑です

ニキビの原因になるものはさまざまあります。

 

原因を解明しないと適切な対処法ができず、治るものも治らないということが言えます。

 

例えば思春期特有のホルモンバランスによるものであったり、乾燥によるものであったりとさまざまです。また肌質以外にも、その時のホルモンバランスや体調の変化などによって状態が変わったりもします。

 

さまざまな原因が考えられますが、特に気をつけなければならないのは肌トラブルのある人です。

 

例えばアレルギー肌やアトピー肌の人はちょっとした刺激が肌に良くない作用を起こしてしまう場合があります。

 

ニキビだけでなく他のトラブルに悩まない為にも、肌への刺激は極力割けつつ二キビ対策をしなければいけません。

 

年齢別によっても肌の状態は大きく違います。肌は20歳をすぎるとどんどん水分が失われて乾燥してきます。この感応がシミやシワを生み、ニキビにも大きな影響を与えることがあります。

 

原因がわからない場合はどうする?

ニキビ対策は、人それぞれ肌の状態が違っていて、原因によって対処法が大きく異なります。

 

ニキビの原因が自分では良く分からないという人は、病院やエステなどで肌診断を受けると良いとおもいます。

 

皮膚科ではアドバイスをくれたり、薬やサプリメントをくれるところもありますし、エステではカウンセリングなら無料でしてくれるところもあります。

 

ひどくなってしまってからではなおすのに時間がかかってしまったり、大変な労力が必要な場合もありますから、初期の段階でしっかり原因究明をしてなおす努力をするようにしましょう。